TOOL

天然真昆布 50g

販売価格
734円(税込み)

数量

-
+

>> 便種 / 宅急便

商品詳細

昆布乳酸発酵だしにおすすめ。

微生物基準で選んだ、昆布商 吹田商店さんの天然真昆布。

乳酸発酵すると豊富な乳酸菌が育まれ、

すっきりしたあまみが出る昆布です。

1本10g使うので昆布乳酸発酵だし5本分です。


原材料 北海道道南産真昆布

内容量 50g

賞味期限 約半年

保存方法 湿気及び直射日光を避ける

製造者 株式会社 吹田商店


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昆布乳酸発酵だし


家族の腸にとどけたい、昆布乳酸発酵だし。

「昆布乳酸発酵だし」で豊富な乳酸菌を育み、

毎日の食生活にとり入れよう。

乳酸菌の働きで消化を助けてくれるので、介護食、

デトックス後の回復食、子どもの便通改善などにも。

水出し昆布より雑味がなく、すっきり体にしみわたる

雑菌を淘汰してくれるので、3週間日持ちします。


そのまま飲む、カクテル、和風、洋風、中華など、

ジャンルを問わず、うまみがつくれます。

組み合わせる野菜のあまみを引き出し、

調味が少なくても満足感たっぷりで、

料理上手になった気分に。

菌のはたらきのおかげですね。


昨年の夏、猛暑で体調を崩したウエダ家の祖母ですが、

昆布発酵だしのスープを冷やして少しずつ口にし、

1週間ほどで元気を取り戻しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<昆布乳酸発酵だしの育て方>


1.材料を準備

乾燥昆布…10g(真昆布、利尻がおすすめ)

自然発酵乳酸菌…0.2g(1/3包目安)

水…450mlくらい

スクリュー型の蓋つき食料ビン(450ml)…1本

(煮沸消毒して自然乾燥)


2.仕込む

昆布の汚れを乾いた布でふき、ビンに入れる。

乳酸菌をビンに入れ、水を2cm程注ぎビンを揺すって

乳酸菌を溶かす。さらにビンの口いっぱいまで

水を注ぎ、蓋をできるだけきつくしめる。

☆昆布はビンに入る長さに、小さく切りすぎない。

☆表面のカビ防止。

ビンの口いっぱいまで、溢れるくらい水を注ぐ。

空気が入らないように。

☆空気を遮断し、雑菌を淘汰する為に

しっかりふたをしめる。


3.冷蔵庫で乳酸菌を育てる。7日~3週間。

7日間はふたをあけないこと。

目に見える変化がなくても乳酸菌は育っています。

☆常温に出さない。

☆使いはじめたら1週間以内に使いきる。


4.料理に使う

加熱すると濃いうまみが出るので薄めて使います。

お吸い物 昆布乳酸発酵だし 1:水1

煮物など 昆布乳酸発酵だし 1:水2

☆昆布乳酸発酵だしが残ったら冷蔵庫で保存。

2日に1回はビンをふって水分を全体に。

2週間以内に使いきる。

☆白いものが出てきても大丈夫?

ビンの底のモヤモヤしたものは、乳酸菌と昆布の

成分が反応して出たもの。

加熱すると消えるので問題ありません。

使いかけのだしを放置した時に出る、

昆布表面の白いつぶつぶはカビの可能性があるので

廃棄してください。